昔に比べて固定電話は少なくなってきたものの携帯電話も電話には違いないし,やはり電話は重要な社会インフラです。

電話のことについて。

Hot Entry
電話のことについて。

電話は社会インフラとして今も重要な役割を果たしています

電話のことについて。
私が幼少の頃は,自宅の電話は黒いダイヤル式の電話だった。ダイヤル式はかける際に番号によって時間が変わる特徴があった。番号の1が入力が一番早く,以降2,3,4と順番に僅かではあるが入力に時間を要し,0が一番入力に時間がかかった。当時のこのような状況を踏まえ,110番や119番などは1,1までは早く入力できるが最後はゆっくり一呼吸置くために最後は入力に時間のかかる9や0にされているとのことであった。そのようなダイヤル式黒電話がいつしかプッシュホンに変わり,親機だけでなくコードレスの子機が出てきて,FAX機能なども付くようになった。

そして携帯電話が登場した。メールなどの機能も付いて,その後カメラ機能,インターネットを使える機能までも加わった。そして携帯独自のクレジット機能のようなサービスやアプリの登場。そしてスマートフォンへと進化を遂げた。電話は様々な多機能を身に着けながら,パワーアップを遂げてきた。固定電話は減少したものの,携帯電話,スマートフォンは今や持っていて当たり前と言った様相である。電話ではなくメールで用件を済ますことも増えてきたが,やはり昔と変わらず電話を掛けるという電話本来の機能は今も変わらず主流であるし,今も電話は重要な社会インフラの一つである。今後,電話はまたどのような進化を遂げてくれるのか,今からとても楽しみである。

Copyright (C)2017電話のことについて。.All rights reserved.