一般の固定電話は災害に強く、IP電話は料金が安いなど、各サービスにそれぞれのメリットがあります。

電話のことについて。

Hot Entry
電話のことについて。

固定電話を持つメリット

電話のことについて。
現在、ほとんどの用事は携帯電話だけで足りるため、固定電話を持っていない人も数多くいます。一般の固定電話を使用するには電話加入権が必要な上に、遠距離に電話するほど通話料が高くなり、コスト面ではかなり不利になります。しかし固定電話は停電でも使えるなど、災害時に強いという長所があります。また固定電話は住所の証明になり、加入権は資産と認められるので、たとえばローンを組む際の審査に通りやすくなるとも言われています。

インターネットを使用している人は、IP電話を有効に活用できます。同じ会社に加入していれば通話料が無料になるなど、料金面での利点があります。また光ファイバーが通っていれば、加入権不要のひかり電話が使えます。これは通常の電話番号が持てる上に、基本料金も通話料も安いので有利です。ただしインターネットの契約は必須であり、NTTの一部のサービスは利用できません。

最近では、固定電話回線にかかってきた電話をスマートフォンで受けられたり、迷惑電話撃退機能が付いていたりと、さまざまな工夫の凝らされた固定電話機が発売されています。各サービスを検討した上で、メリットがあるなら固定電話を検討してみるのも良いでしょう。

オススメサイト

Copyright (C)2017電話のことについて。.All rights reserved.