今では、携帯電話は何ら珍しくはありませんが、昔はとても珍しくお金持ちが持つものとして位置づけられていました。

電話のことについて。

Hot Entry
電話のことについて。

携帯電話が当たり前の時代で

電話のことについて。
現代社会において、携帯電話を所有していることは全く珍しいことではありません。新しい機種が発売されてすぐに購入すれば、しばらくは羨ましがられるかもしれませんが、それは機種に対してであって、携帯電話を所有していることに対して羨ましがられているのではないのです。そのように今では、何ら珍しいものではなくなっていますが、1980年代半ば頃は非常に珍しいものとして扱われていました。今では小型軽量化が進み、ズボンや胸ポケットに収まるほどの大きさですが、1980年当時は、重さは約3kgで肩から下げるタイプのものでした。とても今から想像できるものではありません。

そして、1987年には片手で持って通話できるものが登場しますが、今みたいな多機能ではなかったです。それに通話料金がかなり高くて、今のようにお金の無い若年層が所有できるものではなかったのです。ですから、お金持ちが所有するものとして位置づけられていたこともあります。また、この頃は今のようにどこにいても通話ができるものではありませんでした。山の中やトンネルの中は当然として、部屋の中でも圏外になることが多かったです。この辺りも今からは想像できないことです。

Copyright (C)2017電話のことについて。.All rights reserved.