電話をかけた際、呼び出し音が15回鳴って相手が出るかでないかで在宅か不在かを判断するようにしている

電話のことについて。

Hot Entry
電話のことについて。

電話をかける時呼び出し音が15回鳴るまでは切らないようにする

電話のことについて。
家に電話がかかってきても間に合わずに結局出れないことが多々あります。もう少し、待っていてくれれば間に合ったのにと思ってしまうのですが、どうすることもできません。だからわたしは相手に電話をかける祭には、呼び出し音が15回なるまで待つことに決めており、それでも出ない場合は不在なのだと思うようにしています。なぜ15回なのかというと、わたしの場合、なんらかの作業などをしていたり、やや電話から離れた場所にいたとしても、呼び出し音が15回鳴るころまでには電話に出れているからです。

もちろん、これは自分だけの基準であり、人によっては15回で出れないこともあるでしょうが、たいていの人は呼び出し音が15回鳴るうちには出れると思います。そういうこともあり、この基準にしました。しかし、最近は便利なもので、電話に不在着信が表示されるので、あと一歩で間あわなかったとしても、履歴を表示してすぐにこちらから折り返し電話をかけることができるようになりました。これにより、特に焦ることもなく、電話の対応ができるようになり、時代も変わって言ってるのだなと実感しています。それでも折り返すよりはすぐ出た方が相手に失礼にはならないのでなるべくすぐ出るようにしています。

オススメサイト

Copyright (C)2017電話のことについて。.All rights reserved.